暁記念交流基金お問合せ先
 

「御幸町プロジェクト」から「ケアタウン小平」へ

ケアタウン小平は、2004年「御幸町プロジェクト」からスタートし、施設の建設工事は、2005年8月に無事竣工を迎えました。同時に、運営母体となる、「NPO法人コミュニティケアリンク東京」を設立し、「ケアタウン小平」としてサービスを開始する事ができました。この間の歩みをここにまとめます。

 

(仮称)御幸町プロジェクト計画のご案内

安全で安心な住まい

プロジェクト案内書トップ

  • 鉄筋コンクリート三階建て
  • 耐震構造を基準より25%向上
  • スプリンクラー配備
  • 屋上緑化
  • 共同賃貸住宅、一部短期入居可
  • 訪問診療所
  • 訪問看護ステーション
  • ヘルパーステーション
  • ディサービス
  • 食堂
  • 広場
  • ワンルームタイプ住居20戸(バルコニー含み、32m2)
  • 2人居住用1戸(バルコニー含み、54m2)
  • 各戸ウォシュレットトイレ
  • シャワー室
  • ミニ流し(電磁調理器は別)
  • 床暖房完備

ケアタウン小平、建築模型

  • 極力、有機溶剤を使用しないシックハウス症候群対策
  • 東京の木を使った木と紙による仕上げ
  • 雨水・井戸水を利用した菜園
  • 災害対策貯水槽整備
  • 三階に共同展望風呂(男湯、女湯別)は時間割利用

ケアタウン小平、居室イメージイラスト

くつろぎのお食事を

オープンテラスを併設した2階ラウンジでは、専任の調理師が、みなさまの毎日3食のお食事をご用意いたします。一人暮らしの方にとって、食事の支度は時に億劫なもの。その煩わしさをスタッフが解消しながら、日々の「食べる喜び」をお届けします。
もちろん専任の栄養士による栄養管理も整っていますので、入居者の皆様の健康と安心を楽しい食事を通してもサポートいたします。
BGMの流れる木目調のあたたかなラウンジで、くつろぎのひとときをお楽しみください。

季節の移り変わり、からだの体調や具合の変化はお料理の好みを変えることがあります。くつろぎの中でおいしく食べる工夫をいつでも忘れずに、楽しい食事を提案しながらお手伝いしていきます。

-二階ラウンジと食堂- デッキテラスでのランチもどうぞ
また、調理工程での安全・衛生面をきめ細やかに管理することで、安心してお食事を召し上がっていただけるよう、管理体制も万全です。
ラウンジと食堂に隣り合わせたパントリーでは「各種料理教室」を計画予定

ケアタウン小平、ダイニングイメージイラスト